アリエクスプレスって安全なの?よくあるトラブルと対処方法を紹介

「アリエクスプレス(AliExpress)」は2010年に中国のアリババグループが立ちあげた、世界最大級の越境ECサイト(オンラインマーケットプレイス)です。

日本よりも安い価格で購入できるのが魅力ですが、国が違えばルールや文化は異なるため、「興味はあるけど実際に購入するには色々と不安…」と感じている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、アリエクスプレスでよくあるトラブルとその対処方法について紹介します。

アリエクスプレスでよくあるトラブル

まずはアリエクスプレスでよくあるトラブルについて紹介します。トラブルの内容を事前に把握することで、トラブル回避につなげることが可能なので、ぜひ参考にしてみてください。

注文したのに商品が届かない

「アリエクスプレス(AliExpress)」で商品を購入し在庫がある場合、海外からの発送なので早くても1週間~2週間、長くて1ヶ月以上かかります。注文を受けた商品はまず中国の広大な土地を横断し、その後国際配送として海を渡るため、どうしても時間がかかってしまいます。

一方、日本国内のECサイトで購入する場合は、近郊の場合1日~2日、長くても1週間以内には届くのが一般的です。日本と同じ感覚でいると到着が遅いと感じてしまうこともあるかもしれませんが、焦らずじっくり待つことが大切です。

ただし、輸送中の事故や輸送便に乗れない、そもそも発送し忘れているなどの理由で、どれだけ待っても届かない場合も中にはあります。

不良品・低品質な商品が届いた

アリエクスプレスに掲載されている商品の画像は加工されているため、実際の商品と色や品質が大きく異なる場合があります。

あるいは破損した状態で輸送されたり、輸送中のトラブルなどが原因で不良品が届く場合もあります。

偽ブランド・模倣品が届いた

中国大手のサイトでは本物と謳って偽物を販売しているセラーも存在することから、受け取ってみたら偽ブランドや模倣品が届いたというケースがあります。

アリエクスプレスは安く購入できるのが魅力ですが、低単価でブランド品を購入できるということはまずないという認識をもって、ブランド品を購入しない・取り扱わないようにしましょう。

カード詐欺はない

アリエクスプレスは海外との取引なので、「カード情報や個人情報を悪用した詐欺・不正利用」「商品を購入しても商品が届かないんじゃ…」といった不安を抱える方は多いですが、詐欺に遭うことはあまりありません。

アリエクスプレスの支払い方法は一部の国ではPayPalの利用ができますが、基本的にはクレジットカードです。どちらの支払いにしても、購入者からショップに直接支払われるのではなく、アリエクスプレスを経由して支払いされる仕組みです。

つまり、クレジットカート情報は中国大手の会社であるアリエクスプレスが管理しています。サイトがハッキングされたといったようなよっぽどのことがない限り、カード情報が漏洩する心配がなく安心して利用できます。

クレジットカードの利用が心配であれば、支払いのたびに支払い通知がくる設定に変更することで、万が一不正利用があった場合は早急に対応することができるのでおすすめです。

トラブルの対処方法

ここまでアリエクスプレスでよくあるトラブルについて紹介しました。アリエクスプレスには「Buyer Protection(バイヤープロテクション)」と呼ばれる買い手の保護が設けられています。

Buyer Protectionは受け取った商品と説明が異なる場合や不備がある、そもそも商品が届かない場合など、返金申請できるシステムです。

このBuyer Protectionのシステムがあることを念頭において、実際にトラブルに遭ってしまったときどのような対処をしていけばいいのかについて説明していきます。

商品が届かない場合はセラーに連絡する

冒頭でもお伝えしたように、商品が届かない場合は買い手を保護する「Buyer Protection(バイヤープロテクション)」を開始することができます。

しかし、商品が届かないと判断した際はBuyer Protectionを先に開始せず、セラーに直接メッセージを送り、問題の状況や解決策について話し合うことが重要です。

セラーとコンタクトをとることで、「何かしらの理由で商品が送り主に返送されてしまっていた」「そもそも商品が発送されていない」などの理由を聞くことができます。

それでも問題が解決しない場合は、次の手段としてBuyer Protectionを開始させます。事前に理解しておきたいのは、Buyer Protectionは配送期間が終了してから15日間が保護される期間となり、期間内であれば返金等の対応を受けることができます。

ただし、注意したいのは商品が届いていないのに配達完了と表示されてしまうことです。配送完了から15日の保護期間が過ぎてしまうと、アリエクスプレスからセラーに商品代金が支払われ、返金対応ができなくなります。

商品説明と違う商品が届いた場合は返金を求める

ネットショップは「思っていたものと違った」ということは日本国内でもよくあることですが、商品説明と大きく異なる商品が届く場合があります。

その際はまず受け取った商品と荷物のラベルの写真を添付し、セラーにメッセージを送ります。そして、再度商品を送ってもらえるか返金の対応をしてもらうかセラーに相談してみましょう。

再度商品を送れない、返金の対応も行われないという対応をされた場合は、Buyer Protectionを開始させ返金の申請を行うことが可能です。

ただし、先ほども説明したようにBuyer Protectionには配送期間が終了してから15日以内が保護される期間です。多くのセラーは15日以内に返金の対応を行いますが、問題解決につながらなかった場合は、アリエクスプレスの方に連絡してください。

トラブルを回避する方法

トラブルの対処法について説明しましたが、そもそもトラブルに合わないようにするのがベストでしょう。ここではトラブルを回避するために、商品の購入前にやっておくべきことを紹介します。

商品のレビューページを事前にチェックする

これまで色や形、素材など違うものが届いたといった商品トラブルがあったか確認するには、商品レビューをチェックすることです。

アリエクスプレスの各商品ページは購入者のレビューを投稿できるところがあり、パソコンとアプリの両方から記載内容を確認できます。

写真付きのレビューや日本人がレビューを書いている場合は特に参考にしやすいはずです。

ショップの評価をチェックする

商品に対してのレビューを確認することも大切ですが、セラーであるショップの評価を確認することも重要です。

同じ商品を取り扱っているショップは多数存在します。ショップによって価格や対応の差はあるので、より良いショップで購入できるかがトラブル回避のためのポイントとなります。

SNSで商品の評判を調べる

アリエクスプレスの商品は個人で購入する人もいれば、「海外インポート」や「海外買い付け」などの文言を添えて、InstagramなどのSNSを利用して販売している業者もいます。

そのため、SNSのコメント機能箇所などで商品の評判を把握することができます。

タイトルとURLをコピーしました